トリキュラーで多毛症を改善

色も薄く細い毛である軟毛が色素を多く含んで硬くなってしまう硬毛に変化することを多毛症と言います。女性でも男性ホルモンが過剰になることでこの多毛症になってしまったという人は珍しくなく、口の髭が濃くなってしまったり毎日身体全体の毛を剃るくらいコンプレックスになってしまった女性もいるそうです。そんな悩みを持つ女性が多毛症の治療薬として使用されている薬に『トリキュラー』があります。
トリキュラーは低用量ピルの一種で卵胞ホルモンと黄体ホルモンの動きによって避妊効果があります。しかし避妊効果以外にもトリキュラーには多くのメリットがあり、その一つが多毛症の改善効果です。女性の多毛症は多嚢胞性卵巣症候群や突発性多毛症が原因といわれており、関連性などやホルモン値検査を調べて低用量ピルや抗男性ホルモン剤などを使用して治療することが多いです。その治療薬として使用される低用量ピルとしてトリキュラーは使用されることが多く、使用することでこれまでバランスが崩れていた女性ホルモンを整え男性ホルモンが増加を抑えます。そして正常のホルモンバランスに戻ったことで多毛症が改善されるとされています。
このように一般的に避妊目的に使用される低用量ピルですが、多毛症以外にもいろんな良い意味での副作用があります。女性ホルモンを整える効果によって生理痛が軽くなったりニキビが改善したなどが報告されており、そのために使用するという人もいます。しかしその一方で服用方法や怖い副作用もあるため、使用する際には注意が必要です。また、薬の飲み合わせによっては影響が出る可能性もあるため、医師や薬剤師に相談した上での購入・使用を強くおすすめします。

ページトップへ